島村楽器 パークプレイス大分店 シマブロ

島村楽器 パークプレイス大分店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

Taylor Guitars Road Show 大盛況で終了いたしました!

皆様、こんにちは! アコースティックギター担当の安東でございます。

さて、ブログ初心者の私が先日5月30日に大分フォーラス店にて開催されました『Taylor Guitars Road show』の様子を一部、配信させていただきます!


では早速、当日の模様をご紹介いたします!

■ロードショー準備中……
f:id:shima_c_oita:20160606144129j:plain

ご覧下さい……Taylorギターがズラ――ッとならんでおります。興奮です!
写真にはテイラー・プロダクト・スペシャリスト、虎岩正樹氏と当日のスペシャルライブで演奏してくださった油布諒介さんが写っています。
私もソワソワしながら準備していました。

Taylor Guitars Road Show 開演!

イベントは島村楽器大分フォーラス店のAスタジオ内で行われたのですが、開場時間になると続々と参加者の方が集まってきました!

f:id:shima_c_oita:20160606150619j:plain

続々と――

f:id:shima_c_oita:20160606150754j:plain

f:id:shima_c_oita:20160606150941j:plain

はい、あっという間にスタジオがいっぱいになりました(笑)

ボディシェイプの違いによる「鳴り」の違いやウッド(材質)の違いによる「鳴り」の違いなど、虎岩氏の非常に分かりやすい解説とデモ演奏でイベントは進んでいきます。

f:id:shima_c_oita:20160606155050j:plain

f:id:shima_c_oita:20160606155119j:plain


■お待ちかね、試奏会!!


さあ、休憩時間兼待ちに待った試奏会です!

皆さん気に入ったギターを求めて一斉に動き出します。

f:id:shima_c_oita:20160606154042j:plain

遂にはブレます(笑)

f:id:shima_c_oita:20160606154317j:plain



■後半戦スタート!

後半の部では、ピックアップシステムとデタッチャブルのネックシステムについての解説!
Taylorギター人気の秘訣をたくさん知ることができました!

f:id:shima_c_oita:20160606155544j:plain

f:id:shima_c_oita:20160606155606j:plain

イベントの最後にはTaylorギターを愛用してくださっている油布諒介さんのスペシャルライブが!

f:id:shima_c_oita:20160606160304j:plain

まさに、超絶技巧でした!

f:id:shima_c_oita:20160606160413j:plain


■最後は皆さんで記念撮影!

f:id:shima_c_oita:20160606160527j:plain

大盛況の中イベント終了です!
当日同時開催となりました『Taylor無料診断会』の方も、満員御礼にて無事にお悩みを解消していただけました。

お集まりいただいた皆様、各関係者の皆様、本当にありがとうございました!!!

普段店頭にも300、200、100の基本シリーズに加えて、レアモデルや上位機の展示がございますので、Taylorギターが気になった方は島村楽器大分フォーラス店にご来店ください!

■TaylorGuitarsJapanのFacebookはこちら!

油布諒介さんのライブ映像なども掲載されています。

Taylor Guitars - Japan

Taylor Guitars - Japan

大分フォーラス店!夏の短期レッスン開催中!

夏の短期レッスンとは、入会金不要で、1コース3回のレッスンが受けられる期間限定のレッスン。楽器経験者の方はもちろん、初めて楽器に挑戦したい方に特にオススメ!3回のレッスンで楽器を演奏する楽しさをたっぷり味わってみましょう!

夏の短期レッスン開催概要

お申込期間 2016年6月1日(水)~2016年8月10日(水)
レッスン期間 2016年6月1日(水)~2016年8月31日(水)期間内で3回のレッスン日をお選びください。
入会金 不要
レッスン回数・料金]](税込) ●個人レッスン30分×3回 ¥9,720または¥11,880+運営管理費¥1,080●グループレッスン60分×3回 ¥8,640 +運営管理費¥1,080●ピアノペアレッスン30分×3回 ¥7,560 +運営管理費¥1,080

選べるレッスン内容!さまざまなご要望にお応えします

はじめてレッスン

楽経験がなくても、憧れの楽器に挑戦してみたい方におすすめ

基礎力強化レッスン

基本の見直しや、以前演奏していた楽器に再挑戦される方にもおすすめ

テクニック向上レッスン

短期集中で速弾きができるようになりたい、など具体的な目標に向けたアドバイ

お悩み解決レッスン

表現力をつけたい!保育園で扱う曲をレッスンしてほしい!などお悩みをお伝えください

ピアノペアレッスン

親子で一緒にレッスンを受けてみたい方や、お友だちと2人で連弾をしてみたい方におすすめ]]※ピアノのペアレッスンは、お2人一緒にお申し込みください。

開講コース

ピアノ・幼児の基礎音楽

開講曜日 講師 体験レッスン
月曜 佐伯 由美子 申し込む
火曜 緒方 仁美 申し込む
土曜 山本 千枝子 申し込む

バイオリン

開講曜日 講師 体験レッスン
土曜 梅原 倫弦 申し込む

ドラム

開講曜日 講師 体験レッスン
水曜 高山 和彦 申し込む

クラリネット

開講曜日 講師 体験レッスン
金曜 松林 紗代 申し込む

サックス

開講曜日 講師 体験レッスン
水曜 長野 正尭 申し込む

ソルフェージュ

開講曜日 講師 体験レッスン
火曜 緒方 仁美 申し込む

※各コースの直近のレッスン日程は、こちらをご確認ください。

お申し込み・お問合せ

夏の短期レッスンのお申込み・詳細につきましてはスタッフまでお気軽にお問合せください!

島村楽器 大分フォーラス店
担当 後藤・田原
電話番号 097-536-8040

HOTLINE2016 当店ショップオーディション日程決定!

f:id:shimamura-music:20160429110848p:plain

HOTLINE2016 募集開始!

今年もやってまいりました、ライブコンテストHOTLINE2016!!
いよいよエントリー受付開始です!

HOTLINEとは…?

HOTLINEとは島村楽器がプロデュースする、音楽の新しい才能を発掘するためのライブにこだわったコンテストです。
ショップオーディションから、エリアファイナル、ジャパンファイナルを目指し、毎年多くのバンドさんにご参加いただいております!
詳しくはこちらをご覧ください。

http://www.shimamura.co.jp/hotline/index.html

HOTLINE2016スケジュール

5月〜8月

各店舗でショップオーディションを行います!

9月〜10月 エリアファイナル

全国を11エリアに分け、ショップオーディションで選ばれた代表達がエリアファイナルを行います!

11月6日(日) ジャパンファイナル

恵比寿ガーデンホールにて、全国11エリアから選ばれた代表者達がグランプリをかけて熱い演奏を繰り広げます!

グランプリ受賞特典

  • ジャパンファイナル グランプリ受賞者は全国124店舗より「全国シマムラデビュー!!」
  • エリアファイナル グランプリ受賞者も各出場エリアで「シマムラデビュー!!」
  • ショップオーディションで店代表に選ばれたバンドはその店舗で「シマムラデビュー!!」

シマムラデビューとは

店舗でのCD販売や店舗開催イベントの出演など、島村楽器がバンド活動をバックアップします!!

ショップオーディション日程

6月

日時 6月12,26日(日)14:00~
会場 当店Aスタジオ

7月

日時 7月10,24日(日)14:00~
会場 当店Aスタジオ

8月

日時 8月7.14.21日(日)14:00~
会場 @@@@@

募集部門

一般部門 オリジナル曲によるエントリー
コピー/カバー部門 コピー曲・カバー曲によるエントリー。優秀な出場者は、エリアファイナルへ「部門ベストアーティスト」として出場!!

応募方法

下記をご確認の上、店頭にてショップオーディションにお申し込み下さい。

応募資格

年齢、国籍、個人・グループ、ジャンル等一切問いません。
但し特定のレコード会社、出版社、プロダクションに所属、契約していない方に限ります

必要なもの

1.応募用紙

店頭もしくはHPでダウンロードできます
応募用紙をダウンロード

2.歌詞カード

コピー/カバー楽曲は不要です
歌詞カードをダウンロード

3.参加料
会員 1組につき¥3,348(税込)
一般 1組につき¥4,428(税込)
  • スタジオ未併設店舗よりエントリーの場合は、エントリー曲のみ収録のライブ映像(DVD)をご提出ください。

応募締め切り

2016年8月14日(日)
※店舗によってショップオーディションの日程が異なります。参加希望の方は各店舗へお問い合わせ下さい。

詳しい応募方法について

応募用紙のダウンロード、HOTLINEの詳しい情報はオフィシャルサイトからチェックして下さい!

http://www.shimamura.co.jp/hotline/index.html

お問い合わせ

店舗名 島村楽器 大分店
電話番号 097-536-8040
担当 佐々木

お気軽にお問い合わせください。

今、国内工房産ギターがバズっている…!

みなさんこんにちは。島村楽器大分フォーラス店のエフェクターソムリエ佐々木です。
大分店としては昨年のこの記事以来のシマムブロっぽい記事になるのではないでしょうか。

まず表題の「"バズっている"ってどういうこと?」と疑問に思われている方にご説明いたします。
「バズる」とは最近ネット上で使われることが増えてきた表現の1つで「話題になっている」や「盛り上がっている」といった意味を持っています。
つまり国内工房産ギターがあらゆるシーンで反響を呼び、非常に話題になりつつあるということなのです!(つまりこの記事もバズりの1つなのです!)

では本題へ入ります。

国産と海外ブランドの違いは何?

まずはここからお話しましょう!!
国産ギターブランドと有名海外ブランドの大きな違いはその成り立ちにあります。多くの海外ブランドは元々はマンドリンの工房やラジオ機器などを作っていた会社が時代の流れに合わせてギターの製造を始めています。対して国内の工房はそういったギターが国内に持ち込まれユーザーの手に渡り、それを修理(リペア)するために生まれた工房から発展したものがほとんどです。つまり、海外から国内の市場に流れ、プレイヤーの手に渡った既製品の良い点や改善すべき点を実際にリペアを通してプレイヤーの声に耳を傾ける中で学習し、そして生まれた信念や理想を凝縮したギターを製作しているのが国産ギター工房なのです。
もちろん海外ブランドの中にもプレイヤーからのフィードバックを反映しているものはありますが、一本一本が職人の手によって製作される国内の工房産ギターは精度のバラつきも無く非常に信頼の置けるものに仕上がっているのです。

要チェックブランド

今回は2件後紹介させていただきます!

Sonic

Sonicといえば大分店で先日行なわれたフェアが記憶に新しいですね。
1983年に埼玉県は川口市に竹田豊氏を中心に誕生したラムトリックカンパニーは、ギター・ベースの製造と共に延べ5000本にも及ぶ修理(リペア)を行なってきました。
その中で蓄積されたノウハウを活かし、オリジナルで設計・製造されたピックアップやブリッジ、ポットやプリアンプ等を一切妥協の無い組み込み、調整を経て完成される一本一本の完成度の高さたるや…!
演奏性の高さと音色の素晴らしさはギタリスト・ベーシストは絶対に一度は体験すべきだと思います!
lumtric.com

SAITO GUITARS

こちらも埼玉県川口市に工房をかまえる齋藤楽器工房が制作するギターです。
1991年にリペアショップとしてスタートし、2011年にオリジナルハンドワイアードピックアップ"SAYTONE PICKUPS"を発表。2012年に制作したオリジナルアーチトップギターをきっかけに2014年"SAITO GUITARS"が始動。翌2015年にソリッドギター、Sシリーズを発表しました。
そして、このSシリーズが今ものすごい勢いで話題になっているのです!
"SAITO GUITARS"の製造は「シンプルで美しい道具」をモットーに、機械加工を積極的に導入し、高い水準での品質均一化を図り、リペア工房としてのノウハウを活かした緻密な手作業による仕上げがなされています。
ジャンルや演奏スタイルを問わず様々な場面で活用できるサウンドとプレイアビリティの高さ、セミオーダーで納期3週間という脅威のスピードとコストパフォーマンスの高さ、経年変化を見越した独自の組み込み方式による安定性など、プレイヤーの表現を引き出し支える『道具』としての在り方には胸が熱くなりますね!
今月末27日からスタートするデモ機試奏・オーダー相談会が待ち遠しいですね!
Saito Guitars | Solid Guitars


今回この記事を書こうと思ったのは、普段店頭でギタープレイヤーのお客様とお話をしていると「国産ギターは良いとは聞くけど、良くわからない。」や「そんなブランド知らない。」といった声を聞くことが多く「これはマズい!このままでは今どんどん素晴らしい楽器を生み出している国内工房の認知が広まるのに時間が掛かってしまう!!なんとかせねば!!」と思い、まず出来ることとしてこのシマブロというツールを発見したからなのですが『百聞は一見にしかず』です!島村楽器大分店は今後も国産ギターに焦点を当てたフェアを積極的に行って参りますので、その際は是非とも体験してみてください!!

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.